“一生涯のパートナー”を企業理念に、先進的な保険商品やサービスで業界をリードしている第一生命保険㈱。静岡支社は今年、開設から85周年という節目の年を迎えた。

 「10月2日には長年のご愛顧への感謝の気持ちを込めて、静岡市内で記念式典を開催する予定です。ちなみに全社的には損害保険ジャパン日本興亜・アフラックとの業務提携から15年、また大手生保に先駆けて株式会社化してから5年と、まさに今年はメモリアルイヤーです」と笑顔を見せる。

 静岡支社では現在、“安心の定期点検”を合い言葉に“お客さま訪問活動”を展開している。「支社管内のお客さま約11万人を年1回ご訪問して、『ご契約内容等の確認』『お支払事由・履歴の確認』『ご登録内容の確認』の3つの点検とサービスのご案内を実施しています。結婚や出産を機に保険を見直したいとお考えのお客さまも多く、すべてのお客さまにしっかりと漏れのない対応を心がけています」。

 “保険料払込免除特約”を最初に始めたのも同社だった。「第一生命では、お客さまの切実な声をどうしたら解決できるのかをいつも考えてきました。国の社会保障制度が変われば、保険会社に求められる保障範囲も変わります。老後の年金に不安を持つお客さまが増えている中、長生きのリスクにも備えられる保険商品も、引き続きバランスよくご提案していきます。また、大切なお客さまを確実にお守りするために、より多くの仲間を採用して、この静岡支社を盛り上げていきたいですね」。

[プロフィール]

谷拓也(たに・たくや)

1967年生まれ、京都市出身。1992年に入社後、営業企画開発・営業職員人事制度の職務を経て、2013年福山営業支社長。2015年4月、静岡支社長に着任した。