「高校まで札幌で過ごしました。大学に進学した当初は公務員を目指していましたが、学生時代にサッポロビール園でアルバイトをしていた頃から、〝人に喜んでもらえる仕事〟に就きたいと考えるようになりました」。穏やかに話すその表情から、誇りとやりがいを持って仕事に取り組む姿がうかがえる。

 静岡に赴任後、拠点スタッフには「静岡県を一番愛し、そして一番愛されるビール会社を目指そう」と呼びかけた。「大手ビールメーカーの中で唯一、静岡県内に生産拠点を構えています。静岡は気候も温暖で、食べものも美味しい。その料理のお供に、当社の商品を選んでいただけるように、PRにも力を入れていきます」。

 日々の生活の中に〝歩く〟習慣を取り入れるなど、健康づくりにも余念がない。「美味しい食事、美味しいお酒が楽しめるのも健康だからこそ。事務所まで片道20分ほどですが、徒歩で通勤しています」。

 7月12日、静岡県限定の樽生ビール『静岡麦酒』の缶を数量限定販売する。「静岡の研究所で商品開発を行い、静岡工場で生産しているメイドイン静岡の地域限定ビールです。期間限定となりますが、家飲み用として、またお土産用としてぜひご愛顧ください」。

 

[プロフィール]

谷 典利(たに・のりとし)

1962年、北海道札幌市生まれ。1985年、東海大学地方行政学科卒業。同年4月、サッポロビール㈱に入社、千葉に配属され、業務用営業に携わる。以後、福岡、埼玉、千葉の赴任を経て、2011年、東京23区と山梨県を営業エリアとする広域流通本部首都圏営業統括部長に就任。静岡統括支社長には今年4月11日に着任した。