〝地域のための保険会社として、地域とともに発展する〟という理念のもと事業を手がける共栄火災海上保険㈱。静岡支店は静岡県内8営業店を取りまとめる統括拠点だ。

 野口支店長は昨年4月に静岡支店に就任。静岡暮らしにも慣れてきた様子だ。「直前の赴任地が快晴の少ない北陸地方だったので、一年中、太陽の光が浴びられるだけで幸せです。転勤するのは静岡で10拠点目となりますが、食べものも美味しいですし、地域の皆さまの人柄も温かく、過ごしやすい場所ですね」。

 静岡県内で同社の商品を取り扱っている保険代理店は約540店舗。「損保会社のシェアの9割はメガ損保3グループで占められています。われわれは中小だからできるきめ細かな心配りで、代理店や契約者の皆さまから、信頼していただけるような事業を手がけていきたいですね」。

 共栄火災ではさまざまな社会貢献活動を行っている。その中の一つが、Kyoei Safe Water For Childrenだ。「自動車保険のご契約(新規・継続)1件につき1錠の浄水剤を途上国の子どもたちに送るプロジェクトです。浄水剤一つで約30リットルの水を安全できれいな水に浄化できます。一人でも多くの子どもたちの命を救うための事業として、一人でも多くのお客さまに認知していただけたら嬉しい」と誇りとやりがいを持って事業に取り組んでいる。

 

[プロフィール]

野口哲也(のぐち・てつや)

1963年、徳島県徳島市生まれ。福岡大学経済学部卒業。1986年4月に共栄火災保険海上保険㈱に入社、四国営業部(愛媛県松山市)に配属される。香川、熊本、福岡、長崎、東京、富山などに赴任後、昨年4月静岡支店長に就任した。趣味は読書。好きなジャンルは時代小説。