静岡の企業情報

経営革新

企業の“意志ある行動”を後押し独自の教育サポートシステムを提案 Millacs(ミラクス)

2014/03/19 [03月05日号掲載]

Millacs(ミラクス)村松秀雄代表[2014年03月20日号]
 昨年、中小企業の人材育成をメーンとした業務に業態を特化したミラクス(静岡市葵区紺屋町11─1浮月ビル5階、村松秀雄代表)では、長年企業の職場リーダーや中堅社員の成長をサポートしてきた実績を基に作り上げた、独自の中小企業向け社内教育サポートシステムの普及に力を入れている。  同社は昨年11月、“村松経営サポート事務所”から現事務所名に名称を変更した。“Millacs”は“Act with will(意志ある行動)”から名付けた造語で、「『従業員をスキルアップさせたい』とか『ベテラン社員の技能を若手に伝承させたい』というような悩みを本気で解決したいと悩んでいる経営者や教育担当者を、全力でサポートしていきたいという願いを込めました」(村松代表)。  導入実績も少しずつ増えており「一例として、 現在“社員評価の見える化”から教育・研修体系の構築、さらには賃金体系、退職金規定の作成までを総務担当者と一緒に取り組んでいるお客さまもいます」(同)。こうした支援業務を通じて、企業が自らの行動で社員のレベルアップと戦力化につなげていくのが同社の狙いだ。  なお教育担当者支援の一環として、“人事塾”を開き“ビジネス・キャリア検定2級”の受験指導も行っている。 ● 詳しくは、054・252・5357