静岡の企業情報

ビジネス法務

2021/09/05

会社を経営していた夫が死亡したため、妻である私が会社の株式全部と個人名義の不動産を相続し、事業を引き継ぎたいと考えています。亡夫の相続人は私と未成年の子ども2人です。どのように手続きを進めたらよいでしょうか。

未成年の子とその親権者が相続人となるケースにおいて、法定相続分ではなく遺産分割協議で相続手続きを行う場合は、家庭裁判所において、特別代理人を選任してもらい、その...

[09月05日号掲載]

2021/08/05

2021/07/05

建物賃貸業を営んでいます。家賃の滞納が長らく続いていた借主に立ち退きを要求したところ、半年後に必ず建物を明け渡すのでそれまで待ってほしいと言われました。これまでのこともあるので、借主が約束を守ってくれるか心配です。今できる何かよい手段はありますか?

簡易裁判所で「訴え提起前の和解」をしてはいかがでしょうか。半年後に借主が退去しない場合、借主に対して裁判を起こさずに建物明渡しの強制執行を求めることができます。...

[07月05日号掲載]

2021/06/05

2021/05/05

新規事業のために、株式会社の設立を急ぎたいと思っています。聞くところによると、定款認証と会社設立登記を同時に申請でき、しかも、24時間以内に登記を完了させることができるようですが、可能でしょうか?

令和3年2月15日から、定款認証と会社設立登記の申請をオンラインで同時に行うことが可能となりました。また、一定の要件を満たす場合には、原則として24時間以内に登...

[05月05日号掲載]

2021/04/05

所有している土地の売却を検討しており、土地の権利書を探しましたが、紛失してしまったようです。権利書を再発行してもらうことはできますか?又は、権利書が無いままでも売却することはできますか?

権利書の再発行はできませんが、権利書が無くても不動産の売却はできますのでご安心ください。 1 権利書について 権利書は、法令上は「登記済証」という名称...

[04月05日号掲載]

2021/03/05

2021/02/05

2020/11/05

2020/10/05

いわゆる一人会社で、建築業の許可申請のため増資を検討していますが、出資する資金がありません。何か方法はありますか。

自己株式の取得と募集株式の発行という手続がありますが、自己株式の取得には財源規制がある他、会計上の処理についても注意が必要です。 自己株式の取得 会社...

[10月05日号掲載]