静岡の企業情報

地域活性化・社会貢献

【マル覚渡邉製茶】紙バンドを使って、バッグや小物などがつくれる手芸教室

2017/08/20 [08月20日号掲載]

 ㈱マル覚渡邉製茶(静岡市清水区鳥坂813、渡邉美保子社長)は、紺屋製紙㈱(富士市伝法)が運営する紙バンド手芸専門店“蛙屋”と提携し、同社の紙バンドを使ってバッグや小物などをつくる手芸教室をはじめた。同社によると、時間とお金に余裕のある30代~50代の女性が中心で、SNSやクチコミによる効果もあり、予想以上にバッグを買い求めたり、手芸教室に多くの人が訪れる。マル覚渡邉製茶が運営するカフェの一画に紙バンドや、それを使ったバッグなどが展示・販売されている。価格も2300円(税別)と手ごろに買い求めることができるとあって、自分の好きな紙バンドを使ってバッグつくってほしいといったリクエストにも応える。

 初心者の人に紙バンドの魅力を知ってもらいたいと、体験コースを用意した。紙バンドをはじめ、ボンドやハサミなどの工具を取り揃えて、2時間2500円(お茶&スイーツ付き)で簡単なカゴをつくってもらう。2回目以降は紙バンドを別途購入してもらい、1時間800円でレクチャーする。自分の好きな色の紙バンドをつかってバッグや小物などをつくってもらう。紙バンドは30mで550円、50mで720円。仕上げにニスを塗るため、ある程度の防水効果もある。紙バンドを販売することで、カフェの顧客が紙バンドのバッグを購入したり、紙バンドを買いに来た顧客がお茶を買ったり、カフェでお茶を楽しむなど、新しい顧客の掘り起こしにもつながったと渡邉社長は言う。

 紺屋製紙の紙バンドを取り扱う店舗は、静岡市内でマル覚渡邉製茶だけという。趣味で渡邉社長がはじめたペーパークラフトを使ったバッグづくりが高じて、紺屋製紙とのコラボレーションにつながった。他社の紙バンドも使ってみたが、紺屋製紙の紙バンドはツヤがあって色味もキレイだと言う。今後は、店内の商品ラックやシーズン物の店内販促品を制作する予定だ。

  • 問い合せ、054・345・1210