静岡の企業情報

地域活性化・社会貢献

【焼津市商店街連合会】わずか4年で油津商店街を再生!木藤氏の講演に100人集まる

2018/02/20 [02月20日号掲載]

【焼津市商店街連合会】わずか4年で油津商店街を再生!木藤氏の講演に100人集まる(2018年02月20日号掲載)

 今年で創立60周年を迎える焼津市商店街連合会(望月誠会長)は1月25日、記念講演会を焼津市役所で開催した。シャッター通りだった宮崎県日南市の油津商店街をわずか4年間で再生した日南市の元テナントミックスサポートマネージャー、木藤亮太氏が“日南市「油津商店街」再生のキセキ!”と題して講演した。市内の商業者や行政関係者など100人が集まった。

 福岡県を拠点に自治体コンサルタントとして活動していた木藤氏は、かつて賑わっていた油津商店街に活気を取り戻そうと、2013年に日南市が行った専門家の全国公募に応募、300人以上の応募者の中から選ばれた。4年間で20店舗のテナント誘致を義務付けられた木藤氏は、支援者たちの協力を得て株式会社を設立し、10年前市民から惜しまれつつ閉店した喫茶店をリノベーションし自ら経営。「リスクを負い、本気でまちづくりに取り組む覚悟を示したことで、自然といろいろな人材が集まってくるようになった」と当時を振り返った。その後は生まれ変わったカフェが起爆剤となって30~40代の若者が次々と起業、ゲストハウスや有料のレンタルスペース、居酒屋、保育園、さらにはIT企業など29店舗の誘致に成功した。木藤氏は「オーナーが閉店しやすい商店街こそ健全。時代に合った商店街へと新陳代謝を繰り返す状況をつくりだすことが重要」と強調した。