静岡の企業情報

食品・生活

【あいネットグループ】創立60周年を迎える2020年に『ホテルプリヴェ静岡』をグランドオープン

2018/07/05 [07月05日号掲載]

あいネットグループ(杉山茂之社長)は、創立60周年を迎える2020年秋ごろをメドに『ホテルプリヴェ静岡』(静岡市駿河区南町8─5)をグランドオープンする。7月から着工した新ホテルは地上14階建て、181室の客室と最上階には富士山が眺望できる露天大浴場を設ける。ビジネスマンを中心に、観光客やインバウンドのニーズにも対応できるようにと、すべての客室にWサイズのベッドを完備する。杉山芳浩本部長は、「新しいホテルは、“リラックス・リチャージ・リターン”の3つのRがコンセプトです。大浴場でリフレッシュしていただき、明日への活力をリチャージするホテルでありたい。そして、わが家にいるような感覚でゆったりと寛げる客室、また泊まりたくなるホテルを目指していきたい」と期待を込める。

 ビジネスマンの出張や研修での宿泊をメインターゲットに、“宿泊特化型ホテル”としての利用を見込んでいる。またDXツインの客室も用意しており、週末やシーズンには観光客や家族連れの宿泊にも対応できるホテルとした。JR静岡駅から徒歩1分という利便性の良さに加えて、大浴場を完備したビジネスホテルは他社にはない強みと考えている。新ホテルの建設については、ビジネスマンを中心とした新幹線の乗降者数や、静岡市内のビジネスホテルの宿泊者数など、外部の専門会社を交えてマーケティング調査を実施したところ、ビジネスホテルの需要はまだまだ増加傾向にあると予測している。「38年間ご愛顧いただいたホテルを新たなビジネスユース主体のホテルとして建て替えることになりました。2020年の創立60周年という大きな節目にオープンするホテルプリヴェ静岡は、あいネットグループとしても大きなモチベーションとなります。新ホテルの完成を機に、ホテル事業の規模が拡大し、65周年、70周年と、周年の節目になるプロジェクトに繋がっていけば嬉しい」と話す。