静岡の企業情報

経営革新

【CSR】最大20社の新電力会社によるコンペを行い、最安値を提示した電力会社の料金プランを顧客先に提案

2018/09/05 [09月05日号掲載]

 ㈱CSR(静岡市駿河区宮竹1─2─12、中條祐呉社長)は、最大20社の新電力会社からコンペを行い、最安値を提示した電力会社の料金プランを顧客先に提案する『新電力バンク静岡中央支部』の運営を行っている。コンペによる入札というビジネスモデルを踏まえた上で、価格・サービスともに自信のある新電力会社だけを選りすぐって集めた。

 「現在では新電力会社に変えている企業も多いようですが、実際はまだまだ削減できる可能性があるのに、それが分からなくて契約してしまっている企業が多いのも事実です。すでに新電力会社に切り換えたことで、電気料金の削減対策ができていると安心している企業が多いため、さらに大幅な削減ができる可能性があるのかを無料診断させていただきますので、まずはお気軽に依頼してほしい」と中條氏は話している。

 今後は、工場などの電力を多く使用する施設向けにコスト削減の提案を強化する。「より多くの電気代が削減できる新電力会社をご提案できるのが私どもの強み。電気代の相見積もりであれば、地域一番の削減額をご提示することができます。新電力バンクが全国で提案してきた年間電気料金の最大削減実績は、△22%でした。10万円のコスト削減は、10万円の利益をあげるのと同等と考えると、利益率5%の企業は200万円の売上と同じです。少しでもコスト削減を検討している経営者さまは、お気軽にご相談ください」。

●問い合せ、090・5111・7971 (中條代表)

 csrcsryc@gmail.com

 http://www.lu.shindenryoku.pw/