静岡の企業情報

地域活性化・社会貢献

【静岡シネ・ギャラリー】2019年度のスタンダード、シニア会員、U─25コースを受け付け5月12日まで

2019/04/05 [04月05日号掲載]

【静岡シネ・ギャラリー】2019年度のスタンダード、シニア会員、U─25コースを受け付け5月12日まで(2019年[04月05日号掲載)

 静岡市唯一のミニシアターである静岡シネ・ギャラリー(以下・シネギャラリー、静岡市葵区御幸町11─14サールナートホール3F)は、2019年度の会員募集を行っている。募集期間は5月12日まで。気分転換の映画鑑賞で「生活に彩りを加えたい」という人から、ディープなシネフィル(映画狂)まで、さまざまな人に「人生を変えるかもしれないような、良い映画に触れてほしい」とメニューを揃えている。

 プレミア会員、スペシャル会員は限定数に達したために受付が終了しているが、そのほかのスタンダード、シニア会員、U─25コースを受け付けている。年会費は、3500円(込)。

 シネ・ギャラリーは、2003年12月20日に開館。隣接する宝泰寺の檀信徒会館としての性格を持つ「サールナートホール」3階にあり、50席と55席の2スクリーンを有する映画館だ。

 5月25日〜6月7日まで、「カンヌ映画祭関連作品特別上映」を開催

 またシネ・ギャラリーでは、「カンヌ映画祭関連作品特別上映」と題し、2作品を上映する。5月25日〜6月7日まで。作品は『幸福なラザロ』(第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門脚本賞受賞作)と、『パパは奮闘中!』(第71回カンヌ国際映画祭批評家週間出品作)。

 ここは年間を通じて映画上映だけでなく、さまざまなイベントも行っている。「自分の世界を広げてくれる新しい映画に出会いたい!」という人にはぴったりの映画館だ。

●問い合せ、054・250・0283 (劇場直通)