静岡の企業情報

地域活性化・社会貢献

【清水港開港120周年記念事業実行委員会】7月13日〜15日に行う開港祭の詳細を発表清水港の過去・現在・未来を情報発信

2019/04/20 [04月20日号掲載]

???????????????????????????????

 清水港開港120周年記念事業実行委員会(酒井公夫会長)は3月20日に開いた総会で、2019年度(今年4月〜来年3月末)に行う事業を決定した。

 今年8月4日に開港120周年を迎える清水港。同委員会では、主催事業と、七夕祭りや清水みなとかっぽれ、富士山コスプレ大会など地元の恒例行事とコラボする連携事業の二つに取り組む。メインイベントは7月13日㈯〜15日(月・海の日)の三日間にわたり開催する開港祭だ。清水港に関する過去・現在・未来を情報発信するイベントとなっている。会場は、日の出埠頭周辺から江尻地区エリア。過去については、マリンビルを会場とし、開港から現在に至るまでの歴史を、地元企業・団体の協力を得ながら写真やパネル展示で紹介する。現代に関するイベントでは、静岡のオンリー1、ナンバー1を紹介。未来をテーマにした催しはマリナートでシンポジウムなどを開催するほか、建物に隣接した広場でセグウェイやグリーンスローモビリティなどの未来の交通を紹介する。総会後の記者会見で、酒井会長は「清水港の歴史、魅力、そしてポテンシャルを周知する事業にしたい」とあいさつ。「イベントにお越しいただいた方々に〝また清水に立ち寄りたい〟と感じていただけるような魅力あふれる内容にすることで、継続的に人が集まるまちづくりを支援したい」と力を込めた。

 なお、静岡市清水区出身の落語家・春風亭昇太氏が記念事業のPRキャプテンを務めること、㈱バンダイが清水港開港120周年記念カラー(マリンブルー)のガンダムのプラモデルを発売すること、清水エスパルスとともにプロモーション活動に取り組むことも合わせて発表した。